Le vent du Marseille

風のように、気の向くまま…

紫陽花

日毎に様々な花が咲く時期になりました。

丁度、つつじ、ふじ等が見頃のようです。

気が早いのか、紫陽花も幾分綻んできたようですが、ピークはもう少しあとでしょう。

 

私は紫陽花が好きですが、今まで特に花に拘るでもなく大したことも知らず何となくと言う感じでした。

花言葉など、もってのほかというほど。

せいぜい、人に贈るのに赤い薔薇か?というレベルでした。

 

それよりも、もっと物理的に「花は、貰ったときこそ喜ばれたとしても、持ち運びや飾っておくことが大変」という問題や、

「花の由来の名前をつけると、花のごとく短命になるから縁起が良くない」

という方が過る方でした。

 

変わり始めたのは、私が鬱の酷い頃に、精々徒歩で行ける距離の公園にふらっと天気のよい日に出かけるくらいしかできなかった頃、丁度紫陽花の見頃だったので、それを数日間、何処と無く惹かれ、見に行くようになった辺りからです。

 

うっすら紫がかった蒼い花が、一面咲き誇っているなかに、少ないながら白、赤みがかったピンク等違う色もあり、それでもやはり蒼からは目が離せず眺めていました。

 

原産は日本とのことで、「紫陽花」という漢字も当て字に近いものらしいですが、

"Hydrangea"

と呼ばれると、何か違うものにも感じてしまうものでした。

 

皆さんご存じの通り、様々な色になる紫陽花ですが、日本の土地(土壌)の関係で、青色が基準のようなイメージも強いですが、気になったのは「花言葉」、薔薇ですら色毎に異なるので、どのようになるのかと調べたところ、やはり色が多様に変わることから「女性の移り気」に当てはめるものが多く見受けられました。

ですが、決して全てその様なあまり感じの良くないものばかりでなく、咲く季節や咲き方から、愛情を示すものも割りと多く、自分なりにも(飽くまで個人的推測ですが)好きなものがありました。

 

「辛抱強い愛(耐え忍ぶ愛という記述も何処かに有りました)」

これは一般的には青色のみに当てはめられるようです。

梅雨時に一つ一つが小さな花が寄り添っている様子から、家族的な雰囲気もあわせ持った言葉のようです。

現在既に海外でも一般的な鑑賞用の花として親しまれているようですが、原産地が日本とのことと、花の色の変化の原因が土壌のアルカリ性か酸性かでほぼ決まるとのことが、個人的には気になることでした。

 

確かに色が様々に変わる点も有名ですが、「故郷を離れ、見知らぬ土地に必死に的そうとしている姿」にも思え、中には必ずしも赤みがかった色にならない、青を維持している(吸収率の問題で同じ場所に咲いても個体差により色素変化に影響するほどに至らないものらしい)ものなどは、

「揺らがない想いは何処で何を言われようとも変わることなく想いを馳せる姿」

のように見え、私は青い紫陽花が「決して自分ではそこまで貫くことが出来ず、でもその様になりたい理想像」として、自分の中に焼き付きました。

別に、自分が赤い薔薇のような情熱的な訳でもありません。

どちらかと言えば、「あまり聞こえのようない方の紫陽花の花言葉」の方が近いと思います。

優柔不断というか、貫き通せないことなど…

 

人の場合は、相手があって、とはなりますが、相手も人、変化もあります。 時として、数年来続いて、さもこのまま永遠に続くであろうとすら思える間柄すら、たった一言の言葉のあやから、永遠とも言える逆に縮まる事のない距離を生んでしまうことも。

しかし、その逆も、あるはずだと、そう何処かで信じている自分も、例え理想論と言われても、信じたいものです。

 

叶わぬものも、無論含めて…